一般歯科

虫歯のしくみ

毎日の歯磨きには、虫歯予防のために食べかすと歯垢(プラーク)を取るという重要な役割があります。

このように一度進んだ虫歯は、自然に治ることはありません。
虫歯の重要な要素として他には「時間」「歯の強さ」が挙げられます。飲食する度にミュータンス菌は酸を出します。常にお口の中が酸性になっていると、虫歯ができやすくなりなす。
それを防ぐためにも、規則正しい食生活が大切です。 また、よく噛み唾液の分泌量を増やすことでミュータンス菌の活動を抑えることもできます。
歯の質も人それぞれですので、フッ素を使用することなどでお口の環境をコントロールできます。

虫歯のしくみ1

虫歯は、歯の表面が白く濁ることから始まります。
歯垢が蓄積すると歯茎の炎症も引き起こし、歯茎が赤く腫れ、歯ブラシの使用で出血が起きることもあります。そして歯の裏に歯石が沈着することもあります。歯の痛みなど虫歯を自覚できる段階までくると、虫歯は思った以上に進行しています。
定期検診を受け早いタイミングで虫歯を発見し、事前に虫歯を予防していくことが健康的な歯の維持のために必要なことです。

虫歯のしくみ2

虫歯の進行

虫歯は、一般的に「CO」~「C4」という段階に分かれています。「C」とは「カリエス(虫歯)」の頭文字です。それぞれの段階や虫歯の場所によって治療法は異なります。

CO

歯の表面からカルシウム等の成分が少し溶け出している状態です。黒くなったり、穴があくところまでは進んでいません。丁寧な歯磨きやフッ素を使用した再石灰化の促進で、元の歯の状態に戻すことが可能です。

C1

歯の一番固い外側の部分である「エナメル質」が溶かされはじめます。痛みがなく、歯の表面に艶がなくなったり、薄い茶褐色になったりする程度ですので、ほとんど自覚症状がありません。治療は少し削って詰める簡単な処置で終わります。

C2

虫歯がエナメル質の次にある「象牙質」に達して、冷たい物がしみるようになります。また穴が空いて、黒っぽくなってきます。治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)をします。

虫歯の進行

C3

神経まで虫歯が達しています。何も刺激がなくてもずきずきと痛み、どこが痛いのかわからなくなる場合もあります。詰め物や被せ物の治療をしますが、神経の治療が必要なこともあります。

C4

虫歯の穴が広がり、歯がほとんどない状態です。神経も死んで、膿や悪臭があります。神経の治療ができない場合は、抜歯をする必要があります。

医院情報
医院外観 TEL: 078-781-5954 診療時間表

[ 住所 ]
〒655-0041
兵庫県神戸市垂水区神陵台7-4-14
[ 診療時間 ]
9:00~13:00 / 15:00~19:00
※木・土は午前診療のみ
[ 休診日 ]
日曜日、祝日