小児歯科

子供の虫歯

治療乳歯は永久歯に生えかわるため、一時的なものと大事に扱われないことも多いですが、子供の成長のために大きな役割を持っています。
よく噛むことで食事から効率的な栄養摂取ができ、発育に影響します。また、噛むことによる脳への刺激は脳の発達にも繋がります。さらに幼児期の言葉をどんどん覚える時期には、歯の健康は正しい発音の習得にも役立ちます。
乳歯から永久歯に生えかわる際には、乳歯の根が次の永久歯を誘導する役割も持っています。そのため、乳歯が早くに虫歯等で抜けていると噛み合わせが整わない原因にもなります。
つまり、乳歯は大人になっても大きな影響を及ぼす大切な歯ですので、できるだけ虫歯の予防をして虫歯を放置しないことが重要です。

子供の虫歯

乳歯が虫歯になると、永久歯よりも進みが早く痛みもあまりないために、気付いた時にはかなり進行していることがあります。
健康な歯に比べ虫歯で一度削ってしまった歯は寿命が短くなってしまいますので、早めに虫歯を見つけ最小限の治療で済むように歯科医院での検診を受けましょう。

フッ素塗布

子供の虫歯の原因は、歯の生え始めから3歳くらいの間に、虫歯の原因菌(ミュータンス菌)に感染することがほとんどです。
そして一度増殖してしまうと、大人になっても虫歯になりやすい歯になります。ミュータンス菌は、家族から子供への感染が大半です。
ご両親自身の虫歯のケアももちろん大切ですが、ミュータンス菌はとても感染力が強いため完全に防ぐことは難しいです。ですが、多少のミュータンス菌に感染しても歯科医院でのフッ素塗布などのケアを受けることで、菌の増殖を防ぎ丈夫な歯を育てることができます。

フッ素塗布

乳歯や生えてすぐの永久歯は、まだ未熟で柔らかいため虫歯になりやすい歯です。そこで、フッ素を塗布することで、歯の表面をミュータンス菌の出す酸に強く溶けにくくすることができます。
また、フッ素は一度溶けてしまった歯の表面のエナメル質の再石灰化を促す働きもあります。ごく初期の虫歯はこの再石灰化で治ることもあります。フッ素はミュータンス菌の働きを抑える効果もありますので、虫歯の予防にはとても有効な方法です。

歯磨き

フッ素は歯を守る役割がありますが、ミュータンス菌そのものを除くことはできないので、毎日の歯磨きと大人による仕上げ磨きは重要です。
普段の仕上げ磨きに自信がなかったら、一度歯科医院でチェックしてもらいましょう。
人それぞれに磨き方の癖があるので、磨き残しの場所はいつも同じ所になります。そこから虫歯になりやすいので、毎日の正しい仕上げ磨きで虫歯を予防していきましょう。

歯磨き

食事のリズム

食事の時に出る唾液はミュータンス菌や食べカスを洗い流し、酸性になったお口の中を中性に戻すという働きがあります。 しかし、間食が多かったりだらだら食べ続けたりすると、お口の中がずっと酸性のままになり虫歯になりやすい環境になります。
規則正しい食事とおやつのリズムを作るのもご両親の役目と言えます。

食事のリズム

キッズスペースのご紹介

当クリニックでは、お子さまに「歯医者さんは楽しいところ」と思っていただきストレスなく通院していただけるよう、さまざまな工夫をしています。 その中の一つに、キッズスペースがあります。
安心して楽しく遊んでいただけるようなスペースとなっていますので、お子さまの治療の時だけでなく、保護者の方の通院の際にもぜひ活用して下さい。
歯医者を嫌いにならないことが、健康的なお口の環境を育てるのに大切な要素だと考えています。

キッズスペース
医院情報
医院外観 TEL: 078-781-5954 診療時間表

[ 住所 ]
〒655-0041
兵庫県神戸市垂水区神陵台7-4-14
[ 診療時間 ]
9:00~13:00 / 15:00~19:00
※木・土は午前診療のみ
[ 休診日 ]
日曜日、祝日